ぞヴ記

トモぞヴPがゲームつくったりする

学生よ、イベントに行こう【unity1week Meetup in Tokyo 2019】

 去年に続き開催されたunity1week Meetup。もちろん今年も行きました!

unity1week Meetupに参加しました

unity1week Meetupとは? 

説明が面倒なので開催者である青木ととさんののブログを読もう!

lycoris102.hatenablog.com

要するに、1週間ゲームジャムに参加したひとたちで集まろうぜ!というイベント。昨年も新年会的に開催されており、私は二回目の参戦です。

tomozooo.hatenablog.com

前回の記事。あれからもう一年たったのね…  

日帰りでGO

翌日に成人式を控えていたため、今回は日帰りでの参戦。

f:id:tomozoP:20190114114239j:plain

まずは新幹線で東京駅まで行き…

 地下鉄でだんごむしを発見して…

(だいぶ早く)銀座に着き…

 

f:id:tomozoP:20190114121648j:plain

 到着!UTJオフィス! 

イベント開始

f:id:tomozoP:20190114121654j:plain

f:id:tomozoP:20190115084422j:plain

60人以上の参加者とスタッフ、そして Unityアンバサダー三銃士が揃い踏み、乾杯を合図にいよいよミートアップがスタート。

  

f:id:tomozoP:20190115084145j:plain

f:id:tomozoP:20190115084513j:plain

出た!各イベントの出展先で振舞われることで有名なUnityおにぎり!

ロゴ入りのパリっとした海苔とフワッフワに握られた米がサイコーでした。

 

そして試遊タイム!(今回はプレイに徹するため展示はしませんでした)

 

今回はフォロワーさんと話したりしている時間の方が長かったのですべてプレイして回ることはできませんでしたが、どれも超クオリティでした… 

たのしかったです 

いろんな方と話したり遊んだりであっというまに4時間経ち、無事にミートアップが終了。今回も青木ととさんのおもてなし・ソウルが遺憾無く発揮されており、非常に楽しめました!

今回もお世話になっている方や気になっていた方と話すこともできたので、とても有意義な時間を過ごすことができました。参加者&スタッフの皆様ありがとうございました!

 

f:id:tomozoP:20190115085642j:plain

(すべてのものにUnityロゴが入ってる空間、それがUTJ本社)

 

本題

まだ終わらんぞ

いかにも締めの雰囲気でしたが、今回はここからが本題。

f:id:tomozoP:20180711103929p:plain

みんなイベント行こう!!!!

という話をします。

学生よ、イベントに行こう

ここからの話はあくまで自分の意見ですが、学生はこういったイベントに積極的に参加すべきだと思います。

  • 人脈が太くなる
  • すごい人や強い人に会えて価値観が揉まれる
  • なんとなくコミュ力が身につく
  • いろんなゲームを遊ぶことで刺激をもらえる
  • 展示をすればかなり直接的なフィードバックを得られる

…とメリットを挙げればキリがないですが、要するにあらゆるきっかけを作るチャンスになります。実際、私は去年のミートアップをきっかけに就職しました。

 今回のイベントでも学生やゲーム系の会社で働いている方がかなり多かったようなので、直接的でなくとも何らかのきっかけが生まれていたかもしれません。(実際に就活中の学生も数名いた気がする)

 1weekMeetUp以外にも開発者の大規模飲み会とかもあるので一度勇気を振り絞って参加してみよう!新しい扉が開くぞ!

 

あると便利なアイテムたち

せっかくなのでイベントを渡るのに便利なアイテムを紹介しておきます。

 

  • アイコンバッジやキーホルダー

ぶっちゃけイベント必須アイテムだと思います。 

unity1week Meetupでは名札が配られるのであまり問題ないのですが、そうでない場合はまずあなたを見つけることすら無理です。マジで。

 

ツイッターでは仲良しなあの人も、現実では知らないおじさんかお兄さんです。

そして、知らないひとに話しかけたりかけられたりするのはちょっとしたハードルがあります。

 「確実にあの人だ」とわかる特徴があればお互いに話しかけやすくなるので、あなただとわかる目印をなにか身につけましょう。バッジならPixivFactoryとか使えばたぶん500円くらいで作れるので…

 

  • 名刺 

f:id:tomozoP:20190115101648j:plain

相手に覚えてもらう…というのもありますが、これも会話のきっかけとしてスッと出すのに便利です。TwitterアカウントのQRコードとか載せておくといいかも? 

ブログを書く

ついでですが、イベントの感想なんかをブログに文章を残しておくと、後から振り返れたり考えを整理できたりしていろいろとよいです 。

 

おわりに

若干ポジショントーク気味だったかもしれませんが、1年前にイベントに参加したことが自分にとっての転機だったこともあったので色々と書いてみました。

場数を踏んで知っている人が増えたりすれば他のイベントや勉強会にも参加しやすくなるので、まずは最初の一回に勇気を出して参加しよう!20さい以下だと特に可愛がってもらえるぞ!