ぞヴ記

トモぞヴPがゲームつくったりする

【Unity】エビでもわかる!Cinemachine & Timelineでいいかんじのムービー制作

f:id:tomozoP:20200504153943p:plain

 強いぞ!悪魔の兵器・デビルパイン!

 

 

密です

 こんにちは、@TomozoPでございます。

今回もunity1weekの季節がやってまいりました…というか、急遽開催が決まったようです。このご時世ですしね。

お題が「密」ということで、かに敵の基地に潜入して破壊工作を行うアクションゲームをつくりました。

なんかもう、のっけからメタルなギアって感じですね。ゲーム内容はかけ離れてしまいましたが。 

ゲーム内ムービーをつくる

さて、今回のゲームは無駄にカメラワークやムービーに力が入っており、これらはすべてCinemachineTimeline、そしてPostProcessingの力でつくられています。

 例によって真面目な解説や仕組みは他のかしこい人が書いてくれているのでよくわかんなくてもいいかんじの見た目を作れる方法を書き残していこうと思います。意識低め。 

Cinemachine

 カメラワークをすごくいい感じにできるアセット。これさえあればカメラの演出で困ることはないんじゃないかってくらい高機能のUnity標準アセットです。

使いこなせそうなポイントをサクッと挙げていきましょう。

カメラワークの遊び

遊びあり

f:id:tomozoP:20200504162314g:plain

なし

f:id:tomozoP:20200504162653g:plain
gif画像でちょっとわかりにくいかもしれませんが、上の方がプレイヤーにわずかに遅れてカメラがついてきています。

なんでかは知りませんがいいかんじになりますね。単純にカメラをプレイヤーの子に設定するだけでは実装できない挙動なので、コレだけでCinemachineを導入する価値アリだと思います。

場面ごとにスムーズなカメラ切り替え

VirtualCameraが複数ある場合、Priorityの値が高い方が優先して描画されます。この機能、ムービーシーンだけでなくゲーム中でも以外と使えるんです。

f:id:tomozoP:20200504164758g:plain

例えばこのようなシーン。俯瞰視点に切り替えることで、ブロックを崩すだけの仕掛けもなんだか壮大な謎解きのようになります。

f:id:tomozoP:20200504165235g:plain

地味ですがこういうのも。なんかクラッシュバンディクーにこういうステージありましたね。

実装自体はめちゃくちゃでかいtriggerに触れたらPriority値が大きいカメラをactiveにするという単純なものですが、そんな適当な切り替えもいい感じにtweenしてくれるので最高です。

ブレ機能

ブレなし

f:id:tomozoP:20200504170250g:plain

ブレあり

f:id:tomozoP:20200504170438g:plain

ああっ、またGifだと違いがわかりにくい!

でもこれ、まるで魔法のように画の迫力が増します。場面によってはない方がいいこともあるかもしれませんが、個人的にかなりおすすめの機能なのでぜひ一度お試しいただきたいですね…

TimeLine

お次はTimeLineです。ムービーを作るなら欠かせない機能でしょう。

通常のTimeLineに加えてDefaultPlayablesをあらかじめ入れておくといろいろと捗ります。具体的には字幕を入れるのが楽になるなど。

assetstore.unity.com

 

f:id:tomozoP:20200504172008g:plain

↑はCinemachineのVirtualCameraを操作してカメラワークを設定しているようす。カメラ1にカメラ2のクリップをエイヤっと重ねてやるだけでスムーズな切り替えができます。BGMなども同様に可能。

何かと高機能なTimelineですが、最低限のムービーを作るなら

  • アニメーション
  • カメラワーク
  • BGM、SE

あたりを扱えれば十分だと思います。というかまだそれ以上触ってないのでこれ以上のことを書けない 

PostProcessing

もはや説明不要、

f:id:tomozoP:20200504173220p:plain

これが

f:id:tomozoP:20200504173243p:plain

こうなる。

個人的には

  • AO
  • Bloom
  • ColorGrading
  • Vignette
  • MotionBlur

あたりを設定してやるだけでグッと見栄えがよくなると思います。とくにMotionBlurはムービーだけでもONにしておくのがおすすめです。

 

おまけ・他に使ったアセットたち

簡単ですが、以上が今回ムービー等をつくる際に気をつけたことです。

以下は今回他に使ったアセットを軽く紹介してみます。

Character Movement Fundamentals

これ、3Dアクションゲームに必要なものがほぼぜんぶ入っています。 

 Unityで0からアクションを作るのは実はけっこう面倒なので本当にオススメです。今回のゲームはほぼこれの素材からできているのはヒミツ。

assetstore.unity.com

SmartRig Biped

以前にも紹介した、Humanoidを面倒な設定なしで歩かせることのできるスーパーアセット。その便利さゆえ依存しがちですが、たまに妙な仕様やバグに引っかかることがあるのでちょっぴり注意が必要です。

assetstore.unity.com

Very Animation

HumanoidアニメーションをUnity内でつくれる。

やや複雑なのとアニメーションへの理解が足らないことからまだ使いこなせていませんが、それでもちょっとした動作なら作れてしまう優れもの。

assetstore.unity.com

Exploder

ゲームはバクハツだ!なアセットその1。

面倒な設定なしになんでもかんでも粉々にできます。

assetstore.unity.com

Volumetric Explosions

バクハツその2。

これまでいろんなアセットを使ってオブジェクトを爆発させてきましたが、このアセットはかなりの高品質でしかも使いやすいので超オススメです。みんなも爆破しよう。

assetstore.unity.com

DOTweenPro

おなじみのなんでもいい感じに動かせる便利アセット。

TimeLineとの相性はあまり良くないことに気づいた

assetstore.unity.com

その他モデルなど

assetstore.unity.com

assetstore.unity.com

assetstore.unity.com

おわり

 こうして振り返ってみるとめちゃくちゃアセット使ってましたね…