ぞヴ記

@kamiposoga

全Oculus GOユーザーはマジで『Virtual Virtual Reality』を遊ぶべき

f:id:tomozoP:20180520224755p:plain

 

今回はゲームの感想&超ダイマ記事です。ネタバレはほぼナシでいきます。

 

バーチャル・バーチャル・リアリティ

 皆さんは『Virtual Virtual Reality』というゲームを知っていますか?。

 

www.oculus.com

 

 話題のOculusGoで遊べるゲームです。Goを持ってる人ならストアで見かけたこともあるはず?

 

そしてこのゲーム、やたらと評価が高くTwitterでも好評っぽい。

 

なんでもあの『Portalに近い雰囲気らしいということで、速攻で購入しちゃいました。

 

で、結論から言うとメチャ面白かった。

というワケで、今回は『Virtual Virtual Reality』を激推しする記事です。推します。

 

 

AI様バンザイ

舞台は近未来、そしてゲーム内容は人間がAIのクライアントに奉仕するという何ともディストピア感溢れる設定。

 

f:id:tomozoP:20180520230259p:plain

ナビゲーターAIの「チャズ」。デザインが超俺好み

主人公はチャズのサポートを受け、Activitude社の労働力としてAIクライアント達の依頼を受けていくことになります。

 

そしてこのゲーム最大の特徴は「バーチャル空間の中でVRヘッドセットを被る」というゲームシステム。バーチャル空間の中でバーチャル空間に入る、まさにVirtual Virtual Reality

 

ゲームを進めるにつれ、バーチャル空間の中のバーチャル空間の中のバーチャル…(略)という具合にかなりワケのわからないことになっていきます。

 

f:id:tomozoP:20180520231200p:plain

 

やがて主人公は謎の人物から干渉を受けてチャズの目を盗み脱出の機を伺う、という(ある意味王道の)展開に…

 

この設定でときめいた人は絶対遊ぶべき。Portal』が好きな人は絶対楽しめる。

 

 

以下にゲームを遊んだ所感を纏めていきます。

 

 

・操作性がよい

まずこのゲーム、操作感が凄く良いです。

モノを掴む感覚が直感的かつ、移動は瞬間移動なので酔いが抑えられています。ヘッドトラッキングとコントローラのみでここまでやれるのか…という感じ。

 これからVRゲーを開発する予定なので、操作感や表現法はかなり参考になりました。

 

・「現実」がわからなくなる

前述のように「バーチャル空間の中でバーチャル空間に入る」というシステムのおかげで、遊んでると脳がフワフワしてきます。コレを遊んだ後にOculusGoを外すと現実に帰れるか不安になる。

 

・向かない人には向かないかも

 このゲームの特徴である「バーチャルの中でバーチャル」システムとそれに関連するメタっぽいゲーム構造、英訳特有のセリフ回しなどの影響(ちゃんと翻訳はされているので一応安心)でストーリーがちょっぴり難解です。

こういう感じの世界観が好きな人にはたまらないゲームですが、正直万人向けって感じではないような気もします…(でも遊んでるうちにストーリーはなんとなくわかるよ)

 

・若干不親切な場所アリ

 ストーリーの中盤に進め方がすごーくわかりにくい場所があります。(自分はマジで迷って1時間くらい悩んだ)

Twitterの反応を見る限り、同じ場所で悩んでいる人がかなり多いっぽいのでここはゲームデザインの問題なのかな…と思いました。

 

・「いま」遊びたい作品

ネタバレになるので詳細は控えますが、ゲームを進めるうちに「なぜ人間がAIの為に働いているのか」「チャズは何者なのか」といった謎が解き明かされていきます。

その過程はAIやVR技術が発展途上にある現代において…なんか考えさせられます(語彙不足)

 

・とにかく遊んでくれ!!

と、まあ色々書きましたが全体的に見てかなり良作だと思います。

ゲーム内容は2~3時間程度のものですが値段も1000円程度なので映画を1本観るようなものです。

 

そしてこのゲーム最大の難点は、プレイできる環境が限られているせいでプレイしてる人が少ないこと!

 

このゲーム、かなり含みがある…というか色々と解釈できるのでとにかく人の感想が読みたい!超読みたい!

 

 

というワケで全OculusGoユーザーはVirtual Virtual Realityを遊んでくれ!

 

 

 

UnityでOculusGo向けVRゲームをつくろう!【設定編】

 

f:id:tomozoP:20180517085322j:plain

 

OculusGoが届いたぞ~~~!!

 

 

というワケで、Twitterに流れてくるGoの魅力に耐えられず衝動買いをした。貯金は消し飛びました。

 

 

 

VR開発、始めます

 さて、このOculusGoですがAndroidで動いているようです。つまりUnity製アプリが動かせる!

 

つまり、夢にも見たVR開発がお手軽にできてしまうワケです。こりゃやるっきゃない!

 

というワケで、今からUnityで作ったモノをOculusGoで動かすまでの経緯を纏めていきたいと思います。

 

 

設定をしよう

あたかも「OculusGo開発講座」のような書き出しでしたが、ぶっちゃけその辺は「OculusGo Unity」でググれば出てくるので割愛します。

 

既に「この記事いる?」って感じですがまあ知見は多いほど良いということで…

 

syuuki-k.hatenablog.com

 

qiita.com

 

 

 

ざっくり手順を纏めると、

 

①OculusGo側で設定する

②Unityでandroidビルドの設定をする

③ビルドする

 

って感じです。大体は手順通りに進めれば大体問題ないと思います。

 

この際、おそらく一番手間がかかるのは②のandroidビルド設定です。

既に経験済みの方はご存知かと思いますが、Unityはandroidビルドの設定がメチャ面倒です。マジで。

 

androidビルドで詰まるポイントは多いですが、特に難解なのがAndroidStudioのSDK managerに起因する問題です。

 

Unityのバージョンによってはかなり苦労するかもしれませんが、頑張りましょう。以下に参考になるサイトを貼っておきます。

 

qiita.com

 

blog.naichilab.com

 

 

 

デバッグモードにするのを忘れずに…

 

 

 

 

ステージを作ってみよう

というワケでビルドの設定が完了しました。しかしカラッポのプロジェクトをビルドしても面白くないので、実際にOculusGoで動くモノを作っておきましょう。

 

まずアセットストアでVR開発に必要なアセットをDLします。

 

f:id:tomozoP:20180517093139p:plain

http://u3d.as/Jvp

 

「何でもいいからとにかく動かしたい!」という人は、ここでScenesファイルの中から適当なシーンを開いてビルドすればOKですが、せっかくなら自分の作った世界の中を見回してみたいものです。というワケで、もうひと手間加えていきます。

 

 

私の場合は、たまたまアセットストアで見つけたイイ感じの町を使っていきます。(実はコレが原因で後々苦労するんですが…)

 

ここの設定ははとても簡単で、Maincameraを消してPrefabs内のOVRCameraRigを置くだけです。

 

コントローラの設定やら何やらは後々必要になりますが、とりあえずこれで3D空間に入って見回すことができるようになります。アセットのちからってすげー!

 

 

いざビルド、しかし…

ここまで設定すれば、あとはOculusGoにビルドするだけです。レッツビルド!

 

そしてビルドに成功…したものの、ここで問題が発生しました。

 

 

なぜか周囲を見渡そうとすると、黒い部分が見えてしまいます。

 

これは結論から言うと、使用したアセットのシーン内に含まれていたTerrainが激重だったのが原因でした。要するに「重すぎて処理が追い付いていなかった」というなんとも単純なミスです。これに気付くまで1時間くらい悩みました…

 

もし同じ症状で悩まれている方が居たら、色々と削って軽くすることをお勧めしまします。Mesh Bakerとか使うといいらしいです(よくわかってない)

 

ちなみに、ビルドしたアプリはOculusGoのライブラリ→提供元不明から開くことができます。

 

 

というワケで、無事にVR開発デビューに成功しました。

 

ここからさらにゲームっぽくするにはコントローラーの入力を扱わなければいけないのですが、その辺りはもう少し分かってきたら記事にしてみたいと思います。

 

 

「マッハ新書」を書きました

booth.pm

 

やりたい!

 

tomozop.booth.pm

 

 

やった。

 

 

ちょうどこのブログを始めて1年だし、20歳の誕生日も近くなってきたので「なんかするか…」と思っていたところ、上記の「マッハ新書」ブームが来ていたので振り返りがてら自分の事を書きました。

 

お金取れるほどの内容ではない(というかこういう事にお金払ってくれるような人をガッカリさせたくない)ので無料にしました。マッハ新書本来のコンセプトとは異なってしまうかもしれませんが…(予防線)

 

 

 

「無料自販機」の公式エバンジェリストに就任しました

こんにちは。ここ数か月就活にアプリ制作に大忙しのトモぞヴPです。

先日から生卵を転がしたらメチャクチャにバズったり、それをあのHIKAKINさんに紹介されたりとなかなか壮絶な体験をしてきましたが、本日はまた別件…

 

 

君は「無料自販機」を知ってるか

さて、みなさんは「無料自販機」というサービスをご存知でしょうか。

 

crypto-app.tokyo

 

 

無料自販機とは、ひさしAppさんが先日リリースした「世界初の無料ショップ」です。

 

f:id:tomozoP:20180504160950j:plain

「ネット界のグレイテストショーマン」ことひさしApp(@Hisashi_vc )さん

 

要するに、「お金を払う代わりにRTやいいねで等で支援することで商品を買うことができる」という画期的なサービス。

 

f:id:tomozoP:20180504163038p:plain

こんな感じ。仮想通貨の耳寄り情報からうまいラーメン屋の場所まで、現時点で200以上の自販機があります。

 

クリエイターの支援で対価を得ることができる、まさに「投げ銭時代」にピッタリのサービスと言えるでしょう。

 

 

 

私がエバンジェリストです

さて、何故唐突にこの無料自販機を紹介したかというと…

f:id:tomozoP:20180504165650p:plain

 

「無料自販機」の公式エバンジェリストになったからです!

 

いろいろ(後述)あってこんなことになりました。すごいね。

 

エバンジェリストを名乗ってはいますが、やることは宣伝大使みたいなモノです。響きがカッコイイので「公式エバンジェリスト」と呼んでださい。

 

大仰な名前ですが、目的は「無料自販機」を用いてサービス自体の知名度を上げる事です。ステマじゃないよ。

 

というワケで、これからはちょくちょく無料自販機を使っていろいろなことをやっていきます。よろしくね!

 

 

私がエバンジェリストになったワケ

そして、私が何故か唐突にエバンジェリストになった理由は…

 

 

crypto-app.tokyo

 

 

無料自販機で絶賛発売中!知りたければ…買おう!

 

 

Vtuber、はじめました。

バーチャルユーチュバーになりたい!!!!!!!!

 

 

www.youtube.com

 

ので、なりました。

 

 

大Vtuber時代

2018年現在、VtuberことバーチャルYouTuberはモノスゲー勢いで増えています。

 

こりゃ乗るしかないだろ!という事でFaceRigを買い、Live2Dについて軽くお勉強していきなりVtuberデビューしました。

f:id:tomozoP:20180322232139p:plain

www.youtube.com

なんだかよくわからないものがたくさん出てくるチャンネル、スペース・ヴァーチャル・モンスターズです。

 

 

Twitteも作ったので、今後Vtuber関連のことはこちらのアカウントでやっていきます。

twitter.com

 

 

f:id:tomozoP:20180323000615p:plain

/ フォローしてね \

 

【くまマンのホームラン地獄】第7回1週間ゲームジャムに参加しました

f:id:tomozoP:20170730210038p:plain

先日、およそ3ヵ月振りのunity1weekが開催されました。

 

今回のお題は「当てる」。前回怒涛のバズパワーで頭一つ抜けてプレイされた「Escape Space」の作者、パンさんのアイデアだそうです。

 

モチロン今回も参加です。皆勤!皆勤!

 

 

今回のボツ

製作を重ねるうちに何故か毎回1~2本のボツ案が出るようになった…

 

「借金返済録 アカジ」

f:id:tomozoP:20180226111206p:plain

ギャンブルで1発当てて借金返済!というゲームの案。ロゴまで作ったけど、作るのが面倒そうな上にあんまり面白くなる感じがしなかったのでボツりまし

 

 

その名はくまマン

なかなかアイデアが湧かず悩んでいた時、ふと昔のツイートを思い出した。

 

 

 

 

 

というワケで、成り行きで生まれたくまマンを主人公に採用することにしました。

 

そして、クマが主人公のゲームといったらアレですね。アレ

 

なので、アレを作ることにしました。

 

製作開始

Unityで野球を再現するというのはなかなか面倒でした…。 3Dで物理演算を使えばそう難しい事ではないのですが、アレの再現の為には2Dで製作する必要があります。

 

で、野球を作る上で必要な処理は大きく分けて

①ボールを投げる

②バットで打つ

③ボールを飛ばす

の3つです。

 

投げる処理と打つ処理はわりと簡単に実装できました。

具体的にはDotweenProのパス指定機能でボールを動かして、バットと重なった時にクリックすればボールを飛ばす…といった具合です。

 

問題はボールを飛ばす処理の実装です。何故これが問題かというと、ボールとバットの当たり具合に依存して動かし方を変える必要があったのです。

 

頭を捻って考え付いた方法は、ボールを当てた時のバットの中心からの距離を角度と飛距離に反映させることでした。

f:id:tomozoP:20180226134804p:plain

要するに、ボールを打った時にボールをバットの子オブジェクトにしてX軸が中心に近いほどまっすぐ飛び、Y軸が中心に近いほど強く飛ぶようにしました。

 

振るタイミングなんかも考慮できれば良いのかもしれませんが、このやり方だけでも割とそれっぽい感じになりました。

 

 

完成

そして多くのバグを乗り越えて完成したものがこちらです。

f:id:tomozoP:20180226141335p:plain

 

くまマンのホームラン地獄 | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 

ひたすらホームランを打つゲームです。正月とかにやると面白いと思います。

 

終盤になって時間が足りずかなり突貫で作りましたが、そこそこ遊べるクオリティにはなった…たぶん…

 

本当は難易度に合わせて投手のキャラを変えたりしたかったのですが、こちらも時間不足で1キャラのみとなりました。勝手に地獄に堕としてごめんなさい。

 

 

完走した感想

今回は学校の用事と狩りで忙しい時期だったのでなかなか開発が進みませんでした…

 

あと、Unityのバージョンを2017.3にしてから初の制作だったのでいろいろと心配でしたが無事にビルドが通って良かったです。

 

 

今回は以上です。早いものでunity1weekもそろそろ1周年ですね…

 

 

ゲーム制作に役立つ!おすすめフリーソフト集

f:id:tomozoP:20180206104645p:plain

 

今回はいつもと趣向を変えて、自分が普段ゲームを作る時に使うソフトを紹介したいと思います!

 

あくまで素人の意見ですが、何かの役に立てば幸いです。

 

画像系

https://www.gimp.org/images/frontpage/wilber-big.png

GIMP - GNU Image Manipulation Program

 

f:id:tomozoP:20180206111908p:plain

 

画像の加工が簡単にできる、ちょー高機能なフリーの画像加工ソフトです。流石に有料のPhotoshopなんかには劣りますが、それでも画像加工に関する大体のことはこれ1つで済みます

 

【いいところ】

・あらゆる画像加工がカンタンにできる

プラグインで機能やフォントの追加も可能

 

【辛いところ】

・慣れるのに少し時間が掛かる(どのソフトにも言える事ですが…)

・日本語系のフォントが少ない

・対応機種はPCのみ

 

 

  •  MediBang Paint Pro

medibangpaint.com

 f:id:tomozoP:20180206113028p:plain

↑「キルラキル」で使われたあのラグランパンチも使える

 

こちらはどちらかというとイラスト製作系のソフトですが、それ故に日本語のフォントがメチャクチャ充実しています。ロゴを作る時なんかに凄く役立つ。

 

【いいところ】

・とにかく日本語フォントが充実してる

 ・イラスト制作にも使える

スマホにも対応してる

 

【辛いところ】

・イラスト製作系ソフトなので加工はほぼできない(自分はGIMPと合わせて使っています)

 

 

 

動画系

  •  AviUtl

aviutl.info

ゲーム制作と直接は関係ないけど、これを紹介しないわけにはいかない…

 

とにかく最強の動画編集ソフトです。

動画編集ならコレさえあればなにもいらない。

ゲーム製作的には、PV制作なんかに役立つと思います。

 

【いいところ】

・動画編集に関わることはだいたいこれ1つで済む

・みんな使ってるので問題が起こってもググれば大体解決する

 

【辛いところ】

 ・導入が死ぬほど面倒。

ぶっちゃけAviUtl最大の難所がソフトの導入です。

AviUtは文字通り元々avi形式の動画しか編集できないソフト。それに様々な拡張機能を加えることで最強の動画編集ソフトになるのですが、 その拡張をするのにかなり手間がかかります。

パソコン慣れしてない人なんかはかなり悩むと思いますが、上記のサイトなんかを見ながらやれば多分なんとかなるはず…

 

 

  • Screen To Gif

www.gigafree.net

 

パパっと画面をキャプチャしてGifにできます。進捗を上げる時に便利。

 

 

  • Recorder(Unityアセット)

tsubakit1.hateblo.jp

 

こちらはUnityのアセットですが、凄く便利なので紹介。

Uintyの画面録画をカンタンかつ高品質にできます。使い方はテラシュールブログさんを参考にしてください(丸投げ)

 

【いいところ】

・Unityの画面録画の決定版

 

【辛いところ】

・バージョンが2017以降でないと使えない

こればかりは仕方ないので、Unity5の人は思い切ってアップデートしちゃいましょう。

 

 

 音系

  • Bfxr

inter-high-blog.unity3d.jp

 

効果音をサクッと作れるフリーソフトです。

ピコピコっとした自分好みの効果音を簡単につくってwavで出力できます。

 

 

 

 

 

 

以上となります。

似たような記事も多いと思いますが、自分はこんなの使ってますよーという事で…