ぞヴ記

Unity備忘録です。

【ClickRockBlock】第3回1週間ゲームジャムに参加しました

  •  はじめに

今月中のアプリリリースは諦めました。

SDK周りの問題がどうしても自力解決が難しく、全く進みませんでした。今年中にはどうにかして出したいです…

 

 

  • 三途の川でスイミング

さて、今回も始まりました。Unity1week。

f:id:tomozoP:20170524155933p:plain

第三回のお題はズバリ『積む』。

 

月曜0時、このお題を見て真っ先に閃いたアイデアがありました。

 

 

f:id:tomozoP:20170625102606p:plain

 

 

鬼の攻撃をかいくぐり、無限に石を積む『The 賽の河原』案です。

 

しっかりお題もクリアしていて、なおかつ積んだ石の高さをランキングで競うこともできるので始めはコレで行く予定でした。

 

しかし、この案は欠点がありました。

 

 ・容量の問題

コレが一番の問題でした。「無限に石を積む」のがコンセプトのゲームですが、制限もなくオブジェクトを増やせばPCが重くなります。解決策はあるかもしれませんが、自分には思いつきませんでした…

 

他にもスコア計算、鬼の攻撃方法、カメラの移動方法などゲームの内容の割に難しい問題に多く当たりました。

 

 

なんだかこの時点で完成品が想像できなかったので、賽の河原案はボツにしました。

 

 

  • クリックでブロック

賽の河原案がボツになったので、次の案をひたすら考えました…

 

Unityとにらめっこしていろいろ試してると、「クリックして四角形を出すだけでいい感じに積める」ことに気づきます。

ここで閃きました。「この上にキャラクターを歩かせよう!」

 

オブジェクト容量の問題はどうしよう?

そうだ、一定時間で消えるようにすればいいじゃないか。こりゃいけるゾ!

 

ここから想像を広げ、ひたすらコードを作り、オブジェクトを配置して、出来上がったものがこちら!

 

 

 

f:id:tomozoP:20170626073954p:plain

CLICK ROCK BLOCK | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 

 

クリックでブロックを積む、その名も『CLICK ROCK BLOCK』!

ちなみにロック要素はありません。語感が良いのでなんとなく入れました

 

前作までのノウハウが活きて、開発は意外とスムーズに進みました。

 

少し引っかかったのは、往復移動するオブジェクトです。

f:id:tomozoP:20170626075702p:plain

↑コレ

 

ググっても明確な答えが得られず、悩んでいたところ…

 

こんなアドバイスをいただけました。ありがたや…

 

ピンポンとは一体なんだろう…と思ったら、どうやら値を一定の範囲で行ったり来たりできる関数のようです。まさに往復オブジェクトにうってつけ。

 

教えて頂いたスクリプトがそのままだと動かなかったので弄りまくったら…

 

f:id:tomozoP:20170626083221p:plain

 コレで動きました。

 

要するに動く範囲と速さを決めたら動くよーということですね(自分でもよくわかってない)

 

ちなみにxに加算してる部分をyに加算したら縦にも動いてくれました。

 

 

 

  • 今回のこだわり

・フォント

今回は見た目重視で作ったので、フォントも標準だとダサいなーと思ってフリーのものを使いました。

 

・アイコン

理由は後述しますが、出来るだけ見映えがよくなるように気を使いました。

Unityroom上だと正方形で表示されたり長方形で表示されたりして少し調整に手間取ってしまいました。両方設定できれば有難いかも…

 

・遊んでもらうための工夫

ゲームを作って投稿するからには、遊んでもらえることが何よりの喜びです。ぶっちゃけめちゃくちゃ遊んで欲しいです。マジで。

 

私は、「Unity1weekでゲームを遊んでもらう」為には

ツイッターでの拡散(作者の知名度

アイコンとタイトルの見栄え

ゲームの内容(面白さ)

が重要だと思っています。

 

極端な例えなんですが、UnityRoomを合コン会場か何かとしてアイコンは顔、ゲーム内容は性格だと思ってみましょう。

 

まず会場に入るとそこには150近くの人がずらりと並んでいます。圧巻!

しかし彼らは地蔵のように一言も喋りません。

そこで相手を選ぶ要素は見た目が一番でしょう。つまりアイコン!

 

 ここで見た目が悪いと、どんなに良い人でも話を聞いてもらえないかもしれません。

 

しかし、ここで選ばれるための要素がもうひとつあります。それがツイッターです。

「彼、見た目は強面だけど実は優しいのよ」

「彼、実は石油王なのよ

とプレイヤーの耳に入れば、それはきっとアイコンより大きな効果を発揮します。

 

長々と例え話を書きましたが、要するに「アイコンが素敵な上にツイッターでシェアされれば遊んでもらいやすくなる」って話です。当たり前といえば当たり前の事ですね。

 

 

  • まとめ

ほとんど四角形のみのシンプルな構成なので、大きなバグもなくそこそこ上手くまとまりました。

ただ、ギミックをダメージブロックと反転ブロックくらいしか用意してなかったので頭を使うステージが用意出来なかったのと、ゲーム性の都合上ランキング要素を搭載できなかったのが残念でした…

 

 

無駄に長くなってしまいましたが、今回は以上です。また次回も参加したいと思います!

 

 

 

  • おまけ

f:id:tomozoP:20170626105119p:plain

TWISTOWER | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 

往復スクリプトで詰まったときにアドバイスを頂いたえれのあさん(@in_7010)の作品です。めちゃくちゃクオリティ高い…

 

 

スマホ向けゲームを作りたい話3【悪夢編】

前の続きです。

tomozooo.hatenablog.com

 

 

  • つながりの話

前からやたらと宣言をしまくっていたら、多くの方の目に触れたようです。

 

有難いなぁ…としみじみしていたら、ブログのアクセス数が急に普段の10倍近く伸びた!

急な出来事にぶったまげていたら、こういうことでした。

 

 

どうやらUnityの超すごい人、「和尚」こといたのくまんぼう氏に記事を見ていただけたようです。ありがとうございます!

 

 

ゲーム制作の勉強になるのもUnity1weekの魅力ですが、公開したゲームを通して製作者同士のつながりが生まれるのは本当に素晴らしいことです。

 

ゲーム制作のモチベーションも上がるし、何よりいろんなゲームが遊べて楽しい!

 

Unity1week、これからも参加します。

 

 

 

  • 制作の話

 

 ■ボタン対応

f:id:tomozoP:20170605151740p:plain

まずスマホで操作できるように、操作をボタン式にしました。

 

ですがコレ、関数が押した時にtrue、離すとfalseになる疑似的な長押し対応ボタンなので実際に動くかかなり怪しいです。多分もっといい対応方法ある気がする…

 

 

 

 ■広告

本来はタイマーとツイート機能の調整をするところですが、どうしても気になったので広告絡みのことも調べました。結果は…

 

 

ハマりました。

 

「既存のプロジェクトで広告を有効にできるよ」と言われたのですが、その既存のプロジェクトの中にいま作業してるプロジェクトがありませんでした…

 

おそらく、プロジェクトのファイルをコピーして使ったのがまずかったのでしょう。なんとかなりそうな気もしますが、今は保留することにしました。

 

 

 

 ■ビルド

後で詰まったら嫌だなぁ…と思って、androidビルドも少しやっておくことにしました。

 

ブラウザで動かすためのWebGLと違っていろいろと必要っぽいので、自分なりに調べてみました。

f:id:tomozoP:20170605155206p:plain

 

かなりアホっぽい絵ですが、要するにSDKってヤツとJDKってヤツをダウンロードすればandroid用のAPKファイルができる!ということです。ぶっちゃけ自分でもよくわかってないけど多分そういうことだと思います

 

 

ここからはGoogleを頼りに先人の知識を辿り、設定を進めました。そして…

 

 

 ドハマりました。

 

 しかし、原因だけは分かりました。どうやらSDKのバージョンが古いようです。

 

Google先生曰く、SDKをダウンロードしたときについてくる「SDKmanager」を使えばバージョンを上げられるそうなのですが、何故かソレもありませんでした…

ここさえ何とかなればビルドは上手くいきそうなので、こちらも引き続き調べていきます。

 

 

 

 ■Googleの設定

ものすごく心配でしたが、こちらは意外とアッサリ解決しました。

課金システムを付ける予定はないので、ゲームが完成したらAPKファイルを上げるだけでなんとかなりそうです。よかった…

 

 

というわけで今後の課題は

・タイマー機能

・ツイート機能

・リスタート機能

SDKの更新

・広告(できれば)

です。今月リリースを目指して引き続き闘っていきたいと思います。

 

 

 

  • 余談

www.twitch.tv

 

先日、こちらで「東京フレンズパーク」をプレイしていただけました。ありがとうございます!

 

「難しすぎるんじゃないか?」という意見も多かったですが、クリアすることが1番の目的になるゲームなのでステージを増やしたりしない限り、難易度はこのままで行こうと思います。

 

スマホ向けゲームを作りたい話2【やらいでか編】

昨日、「年内にアプリを出すぞ」と宣言しました。

スマホ向けゲームを作りたい話 - ぞヴ記

 

 

すると、有難いことにUnityRoom管理人のnaichiさんからメッセージをいただけました。

 

 

 

 

①今日中に仕様変更して、

 

②金曜にandroid向けにビルドして、

 

③土曜日に手続きを済ませ、

 

④日曜日は休む!

 

f:id:tomozoP:20170601170933j:plain

 

 

 

…でも、ちょっと考えてみました。

1からアイデアを練るのではなく、今あるゲームをスマホ向けに出すのなら半年もかからないのでは?

 

先日投稿した「東京フレンズパーク」なら、ギリギリスマホゲーにできるクオリティです。

 

となると、必要なことは

スマホ向けの操作にする

②タイマーを使えるようにする

③広告を付ける

④androidSDKと戦う

⑤申請の手続きをする

といった感じでしょうか。

 

①は、ジャイロ操作に対応するか、ボタンをつけるか。

実績が目当てなので一応広告は付けなくてもいいし、④と⑤はやり方を説明してるサイトもかなり多いです。

 

アレッ?意外と何とかなりそう…?

 

ちょうど今日は6月1日、月の変わり目です。

何かするにはうってつけな感じです。そこで…

 

 

 

1ヵ月アプリリリースチャレンジ

に計画を変更します。

f:id:tomozoP:20170601175827j:plain

 

 

 

とは言っても、androidビルドに関してはほぼ知識0の上、申請にもカードが必要そうだったりで本当にできるかはかなり怪しいところです。

 

 

 

「ホントに出せたら凄いな」くらいの気持ちで見守ってください。

 

スマホ向けゲームを作りたい話

男と生まれたからには

誰もが一生のうち一度は夢見る

 

f:id:tomozoP:20170530192612p:plain

 

 

…というのは難しいです。

 

今やYoutuberやアフィブログは世に溢れ、LINEスタンプは飽和し、スマホアプリもレッドオーシャン*状態...

 

 *和尚様のありがたい説法↓より

【Unite 2017 Tokyo】いかにして個人制作ゲームで生きていくか〜スマホゲームレッドオーシャンの泳ぎ方〜 講演動画公開されました。 | Ninebonz - その和尚IT系

 

 

そもそも、プログラムもロクに扱えないにわか開発者が「アプリで一山当てよう!」というのは無茶な話です。

 

しかし、私にはどうしてもスマホ向けアプリを作っておきたい理由があります。

 

 

  • 実績が欲しい!

要するに、「スマホアプリを出したぞ」と言えるようになりたいのです。

たとえレッドオーシャンの底に沈むようなゲームだろうが、「アプリをリリースした」という実績は残ります。

 

私、来年に就活を控えています。

そこで、面接の時に「アプリを出したことあります!」と言えば会社も「ほう?」となるに違いありません。たぶん…

 

そんなわけで、ゲーム作りを立派な「趣味」にするためのステップとしても、ぜひ一度スマホゲーを出してみたいのです。

 

 

  • 目標

とは言っても、ゲーム作りの技術はまだまだ未熟です。

前にスマホゲーにチャレンジしようとして、android SDKに返り討ちにされてわけもわからないまま挫折したこともあります…

 

しかし、ゲームジャムでの経験を通して少しだけUnityにも慣れつつあります。

ここらで一発、ドーンと何かしてみたい!

 

そこで、1つ目標を立てることにしました。

 

 

 

今年中にスマホゲーを出す!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントにやれるのか?

 

 

 

 

【ゲーム感想あり】第2回1週間ゲームジャムに参加しました【その2】

前回の続きです。

tomozooo.hatenablog.com

 

 

制作を進めていく過程で、ゲームを作る上で重要っぽいことをいろいろ考えたので忘れないうちに書き起こしたいと思います。

 

 

 

  • ゲーム性の話

今回、作るゲームの「ゲーム性」について滅茶苦茶悩みました。

私は、ゲームを成り立たせるためには「目的」が重要だと思いました。(目的のないゲームもあるけど)

 

当たり前といえば当たり前なんですが、目的がはっきり伝わってないとあまり楽しめてもらえない気がするんですよね。

 

で、問題はここからです。

 

その「目的」は何なのか?ということです。Unity1weekにおいては、

・ゴールを目指すこと

・スコアを稼ぐこと

がメインになることが多いと思いました。

 

もっとも、「ゴールを目指す」については、「少ない手数でゴールする」「できるだけ早くゴールする」といった要素もあるので、実質的には「良いスコアを出す」というのがゲームの醍醐味でしょう。

 

 

 

しかし、「凄いスコアが出た!」と言っても、一人でそのスコアをまじまじと眺めていても虚しいものです。

 

良い記録を人に見せて「スゲーッ!」となるのもゲームの醍醐味だと思います。

 

そこで便利なのがランキング機能とツイート機能です。

このへんは、UnityRoom運営のnaichi様のブログを見るとだいたい分かりました。

blog.naichilab.com

 

特にランキング機能は他人との差が目に見えて分かるので、競争心が刺激されますね。

 

遊びに重要なのは「競争」「運」「模倣」「めまい」だと偉い人が言っていた気がします。

 

 

 

今回の「東京フレンズパーク」でも、競争の要素を組み込もうとしてだいぶ苦労しましたが、最終的には、タイマーを実装してゴールまでのタイムを競うことになりました。

 

玉転がしだけでなくほかの競技も作り、競争性を上げる案もありましたが、どう考えても間に合わないので却下されました

 

しかし前の記事の通り、タイマー機能の実装は失敗に終わりました…

 

次回も参加するつもりなので、ランキングとスコア付きツイート実装が目標です。

 

 

 

  • アイコンの話

ここからは投稿してからの話です。

 

f:id:tomozoP:20170529124016p:plain

ゲームのアイコン、めちゃ大事です。

 

 

実に140を超える作品が投稿されると、遊んでもらえるかどうかはアイコンがかなり重要な役割を果たします。どんなに面白いゲームでも遊んでもらえないことには始まりませんからね…

 

 キャッチーなアイコンにすることで、遊んでもらえる可能性はかなり上がると思います。

 

 

 

 

  • みんなのゲーム 

皆様のの作品も遊ばせて頂いたので、いくつか紹介させて頂きたいと思います。

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/690/___.png

TheDango! | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

だんごむしを眺めたり、走らせてタイムを競うゲーム。だんごむしかわいい

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/649/__________2017-05-27_5.45.51.png

ADAKORO | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

サイコだるまさんがころんだ。ミスしたとき爆笑しました。

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/650/___aikon.png

リレーショナーしげる | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

シゲリズムを感じろ

 

 

MagneticBall

MagneticBall | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

磁力の使い方が素晴らしいです。ステージ増やしたらアプリリリースできそう

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/706/____.png

TimeRolling | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

こちらもアイデアが凄い。かわいい見た目と裏腹に、超難しいです。まだクリアできてない…

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/663/kusoR0.jpg

KUSO ROLLING | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

KUSOゲーシリーズ第二弾。スタート画面であるキーを押すと…

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/705/UniroomTitleLogo.png

伝説の星 | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

クリックで惑星を育てるゲーム。連射ツール使いました

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/689/__________2017-05-28_08.23.20.png

ゴロゴロダマ | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 「転がるゲーム」と聞いたら誰もが一度は思う塊魂。再現度高い!

1週間で実現できる技術が凄いです。ナンデヤネン

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/687/__________2017-05-28_7.39.22.png

転がる偉大な英国面 | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

ウ、ウワァーーッ!!パンジャンドラムだァーーーっ!!

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/768/StartPoint.png

Rolling da Vinci | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

こういうシュールレアリスムがとぐろ巻いているようなゲームが大好きです。

 

 

https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_df3bdbc45bc04950b558834f5728517a/unityroom_production/icon/622/logo3.png

家具レーサー2017 | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

今回投稿された作品の中でも抜群に中毒性が高い!

このゲームの攻略だけで1つ記事が書けそうです。どうやって1分切るの…?

 

 

 

 

本当なら全部プレイして感想を書きたいくらいですが、流石に140作品を一気にレビューするのは難しいので今回はここまでにします。

 

すべて紹介することはできませんが、本当にすべて力の入った力作ぞろいなのでぜひ遊びまくって欲しいです。本当に面白いよ!

 

Unity 1週間ゲームジャム | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 

【東京フレンズパーク】第2回1週間ゲームジャムに参加しました【その1】

f:id:tomozoP:20170524155933p:plain

第2回1週間ゲームジャムが終了しました。

今回はなんと140件を超えるゲームが投稿されたようです。すげぇ…

 

 

  • 反省

今回、かなりギリギリの完成になりました。前回は途中から初めて土曜日には終わったのに…

追い込まれなければ作業にとっつけない悪い癖が出ました。

 

 

 アイデアも出てないのにゼルダしてました。バカですね。

 

 

「転がる」というのはシンプルゆえになかなか奥が深いお題で、水曜日くらいまでなかなか構想が固まりませんでした。

 

雪玉を転がして大きくする、土地を転がす、猫を転がす、塊魂

 

考えに考えてたどり着いた結論は、

f:id:tomozoP:20170528225026j:plain

コレでした。

 

今や懐かしい東京フレンドパーク内のアトラクション、「ネヴァーワイプアウト」です。

 

「シーソーの動きに合わせて玉転がしするだけだから楽勝だろ!」という水飴のように甘い考えで決定しました。

 

ここまで決まると、次はデザインを決めなければなりません。

今回はできるだけシンプルなデザインを目標にしていたので、始めはただ丸と四角がもぞもぞと動くゲームになる予定でした。

 

しかし、いざ動かしてみると…

画が地味。

シンプルを求めすぎて、ただただ地味になってしまいました。

 

 

 この地味すぎる画をどうにかするには、せめて操作キャラのデザインを凝ったものにしなければいけません。そこで思いついたのは…

f:id:tomozoP:20170528231123j:plain

 これです。

 

「フレンドパークだからフレンズだな!」というマックスコーヒーのように甘い発想でした。

 

この時点でコンセプトは完全に決まり、タイトルも「東京フレンズパーク」に決まりました。もはや東京フレンドパークなのか、けものフレンズなのか、東京フレンズなのか…

 

 

 

ここからは方向性が決まり、ざくざくと制作を進めていきました。

 

ぶっちゃけ、C#の知識も無いままかなり行き当たりばったりの開発をしているので、途中で何回か壁にぶち当たりました。

 

大方の問題は過去に制作したゲームを参考にしたり、他の製作者様からのアドバイスで解決しました。(本当にありがとうございました)

 

しかし、本当に詰まった問題もいくつかありました。

 

例えば、画面の左上にあるタイマーです。

クリアするとタイマーが止まり、記録をツイートできるようにしたかったのですが…

 

タイマーを止める方法が分からない!

おまけにスコアをツイートする方法も!

 

なので、潔く諦めました。「一週間だから」という免罪符の下、ある程度の妥協が許されるのもこの企画の素晴らしい所です。

 

とはいえ、永遠に動き続けるタイマーはあまり見映えがよろしくないのでいつか修正したいですね。

 

 

 

このような紆余曲折を経て完成したものがこちらになります。

f:id:tomozoP:20170529124016p:plain

ころがせ!東京フレンズパーク | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 

 

 

f:id:tomozoP:20170529124022p:plain

どうやら、結構多くの方に遊んでいただけたみたいで…ありがとうございます。めっちゃエゴサしてます。

 

 

 

  • 次回の目標

 

今回の目標であった

・シンプルなデザイン 

・ツイート機能

については、おおよそ達成できました。

 

今回の反省から、次回は

・計画的な開発

・スコアを搭載したツイート機能

に加えて、

・競争の要素

・ランキングの実装

を目指しています。

 

その理由を書くとやたら長くなってしまいそうなので、制作の苦労話なんかも含めて後日もうひとつ記事を作りそちらにまとめようかなーと思います。

 

【その2へ続く】

 

1週間ゲームジャムに参加しています

現在、ゲーム投稿サイト「unityroom」様で「一週間ゲームジャム」という企画が開催されています。

Unity 1週間ゲームジャム | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 1週間ゲームジャム

 

要するに、『月曜日に発表されるお題に沿ったゲームを一週間で作って公開しよう!』という趣旨の企画です。このブログを開設したのは、この1週間ゲームジャムに関わる記録を纏めるためでもあります。

 

 

この企画を知ったのは第一回目のゲームジャムがちょうど後半に入った頃でした。

面白そうな企画だけど参加するには実力不足だな…と思っていたら、

 

 

と、まさかの主催者様からのメッセージが。

 

こうなったら参加するしかない!と一念発起し、以前からなんとなくあった構想と第一回のテーマ、「跳ねる」要素を組み込み、3日ほどでなんとか完成させました。

 

はねろ!うさぎさん | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう 

f:id:tomozoP:20170524155732p:plain

 パワーと角度を決めて、力の限りうさぎを跳ねさせるゲーム

 

 

問題点はあれど、3日でそこそこ遊べるクオリティーにできたので満足でした。

 

 

 

そして、5月22日より第二回目が開催されています。

 

 

 

良い経験になるので、今回も参加することにしました。

現在の状況を次回の記事にまとめようと思います。